潜水艦 そうりゅう型


艦番号 艦名 竣工日 建造所 所属 定係港 備考
SS501 そうりゅう H21.3.30 三菱神戸 第1潜水隊群第5潜水隊
SS502 うんりゅう H22.3.25 川重神戸 第1潜水隊群第5潜水隊
SS503 はくりゅう H23.3.14 三菱神戸 第1潜水隊群第5潜水隊
SS504 けんりゅう H24.3.16 川重神戸 第1潜水隊群第3潜水隊
SS505 ずいりゅう H25.3.6 三菱神戸 第2潜水隊群第4潜水隊 横須賀
SS506 こくりゅう H27.3.9 川重神戸 第2潜水隊群第4潜水隊 横須賀
SS507 じんりゅう H28.3.7 三菱神戸 第1潜水隊群第1潜水隊
・基準排水量:2900t  ・主要寸法:全長84m×幅9.1m×深さ10.2m  ・最大速力:12ノット(水中20ノット)  ・乗員:65人
2009年3月に1番艦「そうりゅう」が就役したばかりの最新鋭潜水艦。水上航行用のディーゼル機関に加え、潜航充電用にスターリング機関を搭載。これにより連続潜航日数は「おやしお」型の4日間から2週間と飛躍的に延びた。また初採用のX型舵により優れた水中運動性能を有しており、現状では世界一の高性能通常型潜水艦である。現在5番艦「ずいりゅうが」建造中である。近隣大国が海洋進出を目論み潜水艦による抑止力に大きな期待が集まる中、空母「蒼龍」と同じ艦名とその優れた性能により、海自潜水艦史に新たな歴史を刻む艦である。
[管理人の目]
曲線を多用した船体とX型舵により、見るからに俊敏そうな潜水艦です。その姿はまさに「海に棲む蒼い龍」といった雰囲気です。優れた運動性能と潜航能力により抑止力としての価値も大きく高まりそうです。海自は期待を込めて帝国海軍の空母名を与えました。「ひりゅう」「りゅうじょう」「ずいかく」などの艦名が復活することが期待されます!

画像をクリックすると拡大表示します。
SS502 うんりゅう SS502 うんりゅう SS502 うんりゅう SS502 うんりゅう SS502 うんりゅう
SS502 うんりゅう SS502 うんりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう
SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう
SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう
SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう SS501 そうりゅう
SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう
SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう SS503 はくりゅう