音響測定艦 ひびき型


艦番号 艦名 竣工日 建造所 所属 定係港 備考
AOS5201 ひびき H3.1.30 三井玉野 第1音響測定隊 海洋業務・対潜支援群
AOS5202 はりま H4.3.10 三井玉野 第1音響測定隊 海洋業務・対潜支援群
・基準排水量:2850t  ・主要寸法:全長62m×幅29.8m×深さ15.3m  ・最大速力:11ノット  ・乗員:40人
海自で最も秘密のベールに覆われた艦。高性能曳航式ソナー・SURTASSを展開しながら日本近海を航行し、他国潜水艦の音響
情報(=音紋)を収集する任に就いている。SURTASSは艦尾中央に設けられた投入口から数キロに渡って海中に展開され、その
探知範囲は数百キロとも言われている。緻密な観測データを得るために海自艦艇で初めて低動揺と安定性を誇る双胴型の艦体を
採用した。また艦の静粛性を高めるために、機関はディーゼル・エレクトリック方式となっている。なお、本艦は潜水艦の探知と音響
情報のための艦であり、潜水艦攻撃用の装備は有していない。
[管理人の声]
その特異な艦型、そして「音響測定艦」という不思議な艦種名、まさに「謎が謎を呼ぶフネ」です。艦の至る所に不思議かつ怪しい
設備が設けられています。一般人は言うまでもなく、海自隊員でも関係者以外は絶対に乗艦できないとの事。それだけにマニアの
心を捉えて離さない「とても気になるフネ」です。「ひびき」という艦名も音響測定艦にベストマッチですね!

画像をクリックすると拡大表示します。
AOS5201 ひびき
AOS5202 はりま
AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき AOS5202 はりま
AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき
AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき AOS5201 ひびき
AOS5202 はりま
AOS5202 はりま AOS5202 はりま
AOS5202 はりま AOS5202 はりま AOS5202 はりま AOS5201 ひびき
AOS5202 はりま
AOS5202 はりま
AOS5201 ひびき
AOS5202 はりま
AOS5202 はりま AOS5202 はりま AOS5202 はりま AOS5202 はりま
AOS5202 はりま AOS5202 はりま AOS5202 はりま AOS5202 はりま AOS5202 はりま