Vol 61  ついに“中華な大国”が牙を剥いた!?                               2017年1月8日

2017年が幕を開けました。当HPは1月1日で就役(開設)満9年を迎え、いよいよ節目の10年目に突入しました。2008年の就役時にはまさか浅学菲才のマニアが下手な艦艇画像をアップし、海自への想いを語るサイトが10年近くも続くなんて思ってもみませんでした。加えて、ここ数年は本業の多忙さにより更新がままならない状況も発生しており、にも関わらず、多くの皆様にご覧になっていただいていることに心から感謝申し上げる次第です。本年も閲覧者様に海上防衛への理解を深めてもらうとともに、海上自衛隊を愛する心を育んでいただけるサイト運営に邁進してまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、ここ数年緊迫の度合いを増している我が国周辺の安全保障環境ですが、緊迫の度合いが増す原因を作っているのが私が“中華な大国”と呼ぶ中国であり、この国の海軍が尖閣諸島周辺海域を含む東・南シナ海方面で活発に活動していることが、我が国への脅威となっていることは皆さんご存知のとおりだと思います。マニア的観点においても、この中国のせいで昨年の夏はイベントが大幅に縮小され、展示訓練や体験航海が一切実施されないという“異例な夏”となってしまった訳ですから、安全保障とか難しいことはさておき、“夏の楽しみ”を奪った中国に対して憤懣やる方ない思いを抱いている人も多いのではないでしょうか?
「2017年は海自にとってどんな年になるのだろうか?」「体験航海や展示訓練は再開されるのだろうか?「中国海軍の動向は?」などと思いを馳せていた年末年始、平穏で穏やかな安全保障環境を願う私に、中国海軍はまるで喧嘩を売るような行動に出ました。空母「遼寧」の出港、そして南シナ海での発着艦訓練です。「遼寧」の訓練自体は近々のうちに実施してくるだろうとは思っていましたが、この時期・このタイミングでの実施に、中国の「2017年も南シナ海方面で活発に活動するぞ!」という意志、言い換えれば「2017年も力(軍事力)のよる現状変更(領土の拡大・権益の奪取・国際秩序の変更)に果敢に挑むぞ!」という強い意志を感じ、不快な思いと危機感を抱かずにはいられません。

まず最初に空母「遼寧」(左画像、引用元:Wikipedia)について説明します。
中国海軍初の空母
ですが、元々はソ連海軍が建造を計画した空母「ワリヤーグ」で、建造途中でソ連が崩壊、独立したウクライナに造船所ごと接収されました。ウクライナとロシアが所有権を巡って争いましたが、最終的にはウクライナの所有物となり、1998年にマカオの民間会社に売却されしました。当時、このマカオの民間会社がカジノとして利用するため「ワリヤーグ」を購入したと報じられましたが、実はこの会社は中国海軍の退役軍人が社長を務めるペーパーカンパニーで、カジノの運資格さえ持っていないトンデモ会社でした。
結局は中国がこの会社から「ワリヤーグ」を取得して改装、2012年9月に空母「遼寧」として就役させました。私が記憶している限りでは、当時「ワリヤーグ」は軍事目的に使わないことを条件に売りに出されていたので、中国は偽会社を使い、娯楽(カジノ)としての使用目的とみせかけて「ワリヤーグ」を購入したのです。詐欺まがいの手口で未成空母を入手するあたり、中国らしいと言えば中国らしいのですが…(苦笑)

空母というものは就役したからいって、即ちに空母打撃群を編成して活動できるわけではありません。中国海軍にとって「遼寧」は初の空母なのですから、その点はなおさらです。加えて、中国の技術では「遼寧」を空母として以前に、艦としてまともに航行できる水準にまで改装・整備できなかった可能性すらあります。ですから、就役からこれまでの4年余りは艦としての熟成、空母としての運用方法の研究、艦載機や航空用艤装の開発・熟成、乗組員・搭乗員の育成と練度の向上など、空母を運用するための基礎的な土台固めに専念していたものと思われます。現段階においても、それらは途上段階であり、空母打撃群を編成して実戦を戦うというレベルには程遠いと思われるのですが、中国首脳部が国家の意志を示すのには十分パワー・プロジェクション可能な戦力を有することがアピールできるレベルには達したと判断したのでしょう。出港後、先月25日に初めて「第1列島線」を超えて西太平洋に進出、その後南シナ海に入り、年明けの1日から中国が領有権を主張しアメリカとの対立の火種ともなっている南シナ海で大々的な発着艦訓練を実施したのです。
空母「遼寧」が大規模な訓練=本格的な行動を行ったことで、我が国の国民の中には中国海軍と海自・米海軍が衝突したり、尖閣諸島の警備にあたる海自艦艇が攻撃を受けるのではないかと不安を覚える人がいるかもしれませんが、私はそのような事態は心配しなくてもいいと思います。「遼寧」の空母としての能力や練度は低く、かつ空母最大の武器である艦載機搭乗員の技量は未だ未熟であるため、日米部隊とまともに衝突すればあっという間に海の藻屑になるでしょうし、そのようなことは中国首脳部も分かっているので、海自・米海軍と正面衝突するような行動は起さないと思います。では、日米との対決を避け、反面、抑止力とも異なる中国の「遼寧」投入は何なのでしょうか?陸上兵力(陸軍)や航空兵力(空軍)とは異なる海上兵力(軍艦)の特性は、事態の緊迫度に応じて様々な意味合いを持たせて投入が可能な点にあります。年末年始の「遼寧」の一連の行動は「国家の意志表示」であり、空母という大きな攻撃力を有する海上兵力を対立の火種がある海域に投入することで、周辺諸国に脅しと圧力をかけて「力による現状変更」を推し進めようとしているのです。よって今後は、南シナ海や尖閣周辺の東シナ海で「遼寧」の訓練や「遼寧」が参加する大規模な演習が行われたり、場合によっては「遼寧」が小笠原諸島とグアム島などを結ぶ「第2列島線」を超えて東太平洋にまで進出して訓練を行う可能性もあります。これらのことから、危機感を抱くべきなのは「遼寧」を使って示される中国の野心丸出しの現状変更の意志であり、「遼寧」はその戦力よりも戦略的な存在価値の方に危惧を抱くべき艦だと私は思います。

中国初の空母が年始早々に大規模訓練を行ったというのはテレビ局的にもニュースバリューが高いようで、一昨日のテレ朝「ワイドスクランブル」でも取り上げられていました。ワイドショーで空母「遼寧」の訓練を扱うのは、一般の視聴者に中国の脅威を知ってもらううえでとてもいい事だとは思いますが、なにぶん担当ディレクターが実は日米との対決は望んでいない中国首脳の意志とか、海上兵力の特性とかを分かっていないものだから、まるで日本が直接攻撃を受けたり、米海軍が西太平洋に派遣した空母「カールビンソン」を含む打撃群と近いうちに衝突が起こるかのような危機感煽りまくりの内容。コメンテーターとして出演していた伊藤俊幸氏(元海将・呉地方総監)が「騒ぎ過ぎです」と苦笑していました。米海軍も中国との“艦隊決戦”を望んで「カールビンソン」打撃群を西太平洋に派遣するのではありません。この兵力投入の意図するものは先に述べた中国と同じ「意志表示」であり、「東南シナ海で武力を背景に脅しをかけるならこっちも黙っちゃいないぞ!」という警告なのです。もうひとつは、ある国の海軍が大規模な訓練や演習をする際には周辺国の海軍や米海軍がデータ採取を兼ねた監視を行いますので、インターバルを置かず第二・第三の訓練を実施するなら警戒監視にあたる意図もあるのだと思います。

さて、「遼寧」を使っての中国の「現状変更」への意志は、我が国にとっても大きな脅威なのは言うまでもありません。恐らく今年も尖閣諸島の領有権を主張するために東シナ海で艦艇を活発に活動させるでしょうし、「遼寧」が尖閣近海まで進出して訓練や示威行為を行う可能性もあります。こうなると国内では「中国が空母で脅すなら日本も空母を持つべきだ!」「『いずも』『かが』を空母に改装せよ!」といった空母保有待望論が熱を帯び、かつて「いずも」空母化するという妄想記事を掲載した某艦艇雑誌が「改装空母『いずも』VS『遼寧』」とかいう空想記事を掲載しそうです。ただ残念ながら空母の天敵は空母ではありません。空母では空母の行動を封じ込めることができないのです。では我が国は「遼寧」を使った脅し・示威に対してどのように対処すべきなのでしょうか。

まずは潜水艦による警戒・監視です。空母の行動を封じ込むことができるのは潜水艦です。大戦中、日本海軍が技術の粋を集めて建造した空母「大鳳」は、米潜水艦によってタウイタウイ泊地を出ての練成訓練を行えないままマリアナ沖海戦に臨み、低練度でアウトレンジ戦法に挑んだ航空隊は壊滅し、「大鳳」自身も潜水艦の雷撃が原因の爆発を起こして、初陣であっけなく沈没しています。また大戦末期には「翔鶴」「信濃」という大型空母が雷撃で沈められています。戦史が物語るように空母の敵は潜水艦であり、「遼寧」を東シナ海(尖閣周辺海域)を我がもの顔で行動させないよう、海自潜水艦は静かに、そして執拗な警戒監視を続けていくことが必要です。
潜水艦による警戒監視を「静」の対処とするならば、「動」の対処は水上艦による警戒監視です。これも既に海自は佐世保所属艦のみならず全国から艦艇をこの方面に派遣して監視を続けています。粘り強い監視行動は我が国が尖閣を守るという強い意志表示であり、中国の現状変更への意志表示に対する目に見える形での警告でもあります。つまり、現在行っている警戒監視活動を粘り強く行っていけばいいのですが、問題なのは艦も人も足りないこと。現防衛大綱で水上艦も潜水艦も増強が明記されましたが、予算の制約や要員確保、特に潜水艦の乗組員養成には時間がかかることなどから、艦艇の増強はようやく緒についたばかりです。したがって、今年も夏にイベントを大幅縮小せざるを得ない状況は続くでしょう。余裕がなく疲弊した海自が東シナ海の警戒監視で実力を十分発揮できない、または活動に支障をきたす状況に追い込まれることが心配です。急に艦も人も増えないとなると現有戦力でやりくりするしかなく、その影響でイベントが縮小されるのは仕方がありません。むしろ、イベントは無くてもいいから艦をやりくりして頑張って欲しいとさえ思えてきました。その意味では、中国の脅威に対して私たち日本国民が行うべきことは、イベントの中止や縮小に耐えて、海自を応援することなのかもしれません。

当HPは2017年も海上自衛隊を応援し続けます。頑張れ!海上自衛隊!!